見出し

←Win10の自動更新後のトラブル     エンジニアの人事評価→
カテゴリ:SSKPC通信

 タイトル:サーバとPCの違い

PCの性能、品質を上げたものがサーバ

基本的な構成はPCもサーバもほぼ同じです。サーバは大勢で使用することを前提で構築される。また24時間365日稼働させることが基本です。このため安定性、安全性などの品質がPCで求められるものとの大きく違います。このためPCより高価な部品やOSを使用します。品質や使用人数によってサーバの価格はPCの数倍から数十倍もするものです。

安定性と品質 たとえ停電してもサーバはバッテリーで稼働します。またハードデスクの1つが壊れてもサーバは停止しません。データを2重3重に保存しているためです。HDDを交換するだけで復元できます。
OSもサーバ専用のものを使用します。Win7やWin10とは全く別ものです。画面のイメージはそっくりですが設定項目やソフトの種類は はるかに多いです。

管理者の技術力 複雑さ故、PCを使いこなすレベルではサーバの管理者とは成れません。・DHCP ・DNS ・IIS ・Active Directory ・FAX ・仮想化 ・Microsoft .NET Framework ・リモートアシスタンス ・SMTP ・Telnet ・バックアップ ・PowerShell ・SQL などなどが必要になります。またこれらの技術も日々変わっていきますので、一度覚えればOKとはなりません。日々精進です。

この記事への
 コメント
← 左の文字をここへ入力してください
(サイト管理者承認後掲載されます)

コメント一覧

プロフィール

2018/06 の記事一覧

Copyrightc 2010 SSKPC Service All Rights Reserved.